風通しを良くするリフォーム

2017年03月07日

日本では建築基準法の改正により、新築物件には24時間稼働させる機械換気の設置が義務付けられています。それによってホルムアルデヒドなどの有害物質を外に排出するのですが、改正前に建てられていた建築物にはこのような換気設備が設置されていない事があります。住宅の通気性が高いのなら良いのですが、低い場合には汚れた空気が住宅内に蔓延し、ダニやノミと言った衛生害虫、カビや有害物質の発生などが懸念されます。それを防ぐためには、住宅の通気性を良くするリフォームをするのがよろしいでしょう。

通気性を良くするためには、風が流れる道を設けることが大切です。仮に窓が一箇所しか開いていない場合、換気の効率は大きく低下してしまいます。
リフォーム内容の一つとしては、天窓の設置が考えられます。天窓を設置する事によって、採光も通気性も改善する事ができます。特に暑い夏場などは、暖かい空気が天窓を抜けて下から上に排出されますので、換気効率がより高くなるのです。他には、風を遮る物を防ぐために壁を取り払ったり、ルーバーを設置したりとできることは多々あります。

人が家の中にいますと、どうしてもその場の空気は汚れてしまいます。リフォーム一つで、24時間換気扇を回しているような通気性が手に入るかもしれませんので、一度風通しについても考えてみてはいかがでしょうか。

CM

私たちが24時間365日サポートいたします!

0120-949-066

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

情報漏洩対策 情報対応万全

たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

0800-805-7780

たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

スタッフが直接業者探しのお手伝いとご紹介を行います!

0800-805-7780